エコカー買い換えガイド:トップ > エコカーとは
エコカーとはそもそもなに?よく耳にするエコカーですが、そのホントの意味をお教えします。
エコカーを安く買う秘密は愛車の手放し方にあり!
▼新車の値引き交渉よりも愛車の高値売却が効果的!▼

エコカーとはそもそもなに?

エコカーとはそもそもなんでしょう。
マスコミやカーディーラーの営業マンまで、誰もが口にします。
ここで、エコカーとは?についてちょっとおさらいしておきましょう。

エコカーとは「エコロジー」と「カー」を組み合わせた、いわば造語だと考えられます。
「カー」の意味はいうまでもなく「自動車」ですね。
それでは「エコロジー」とは?
その意味は「生態系」という意味です。
直訳すると「生態系自動車」...これではなんだかわかりません。
込められた意味としては、「生態系に優しい自動車」というようなことになるでしょう。

生態系に優しい車とはなんでしょう?

生態系とは、ある地域で生きるすべての生物と環境を含めた総合的なシステムのことです。
「すべての生物と環境」ですから、「人間」だけの都合を考えてはいけません。
「経済効率ばかり考えて有害な廃液を流す」
「人間の都合で森林を破壊する」
といった行為は「生態系によくない」行為ということになります。

それでは、エコカー=つまり「生態系に優しい車」とはなんでしょう。
具体的に言えば

●窒素酸化物・二酸化炭素といった大気汚染物質をあまり出さない。
●燃費がよい=ガソリンの消費量が少ない。

といった条件を満たした車ということです。
プリウスやインサイトといったハイブリット車、三菱はじめ各社が開発を進めている電気自動車、メタノール車や水素自動車などがそれにあたります。
そして、そういった環境負荷の低い自動車を奨励しようということで、エコカー減税という制度があります。
これはディーゼル車が多いトラック車種においても適用があり、エコトラックと呼ばれ、乗用車のエコカー補助金が打ち切られた後でもエコトラックだけ対象とした補助金予算が計上されています。

エコカーとは

エコカーとは、ズバリ「エコロジーカー」の略です。

エコカーには、いくつかの種類があります。

いわゆる環境に優しい車で、低燃費で走ることができる車や、

ガソリンを使うのではなくかわりに電気など

他の燃料を使う車などがあります。

このようなエコカーにすると、二酸化炭素の排出量がぐっと減るため、

温室効果ガスを出すことなく、省エネ効果が高まるといわれています。


エコカーの種類を大きくふたつに分けると、

無公害車と低公害車があります。

無公害車というのは、まったく温室効果ガスを排出しない車のことです。

例えば電気自動車がその例です。

それに対し低公害車といのは、

温室効果ガスを大幅に削減した車のことをいいます。

例えばハイブリッドカーがこれにあたります。

有名なのは、トヨタのプリウスやホンダのインサイトなどです。

エコを考えると、このようなエコカーにするのが

地球に優しいと言われています。

ところで、エコカーをできるだけお得に手に入れたいならば、「値引き交渉」よりも確実な方法があります。
それは、今の愛車を下取りとして出すのではなく、買取専門業者に売却することです。
買取専門業者は、それが専門ですから、下取りだと「せいぜい部品サービス」と言われた車に思わぬ高値がつくことも少なくありません。
ただ、そういった業者もたくさんあるので、賢いのは、その一括査定サービスを利用することです。
これならば、車種名や年式といった必要事項の入力も一回ですみ、それで最大10社からの査定価格を知ることができます。
結果がスピーディに分かるのも魅力。概算の最高額ならば入力して数秒後に知ることができます。
まずは、こちらからお試し下さい。▼

IT用語