エコカー買い換えガイド:トップ > ホンダのエコカー
ホンダのエコカーについて。
エコカーを安く買う秘密は愛車の手放し方にあり!
▼新車の値引き交渉よりも愛車の高値売却が効果的!▼

ホンダのエコカー

現在、いわゆるエコカー減税対象車には、4種類あります。


①まずハイブリッドカーや電気自動車などの次世代自動車で、

低排出ガス車認定制度(平成17年基準値)により

低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)を受けているもので、

かつ燃費基準を+25%以上達成している自動車 。

この基準に該当すると、新車の場合、重量税、取得税とも

100%減税されます。また自動車税も50%の減税になります。


②一般車で低排出ガス車認定制度(平成17年基準値)により

低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)を受けているもので、

かつ燃費基準を+25%以上達成している自動車 。

この基準に該当すると、新車の場合、重量税、取得税とも

75%減税されます。また自動車税も50%の減税になります。


③一般車で低排出ガス車認定制度(平成17年基準値)により

低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)を受けているもので、

かつ燃費基準を+20%以上達成している自動車。

この基準に該当すると、新車の場合、重量税、取得税とも

50%減税されます。但し、自動車税の減税はありません。


④一般車で低排出ガス車認定制度(平成17年基準値)により

低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)を受けているもので、

かつ燃費基準を+15%以上達成している自動車。

この基準に該当すると、新車の場合、重量税、取得税とも

50%減税されます。但し、自動車税の減税はありません。


に分類されるのです。


ホンダ車ですと、

①の基準に該当する車は、

インサイト・シビックハイブリッド・CR-Z・フィットハイブリッド・

②の基準に該当する車は、

フィット・フリードスパイク・フリード・オデッセイ・ステップワゴン・

ステップワゴンスパーダ

③④の基準に該当する車は、

フィットRS・ストリーム・ステップワゴン・ステップワゴンスパーダ・

エリシオン・エリシオンプレステージ・ライフ・ゼスト・ゼストスパーク


が挙げられます。どちらの基準にも該当している車は、

グレードにより基準が変わっているという事ですから、

詳しくはディーラーにて確認してみてください。

ところで、エコカーをできるだけお得に手に入れたいならば、「値引き交渉」よりも確実な方法があります。
それは、今の愛車を下取りとして出すのではなく、買取専門業者に売却することです。
買取専門業者は、それが専門ですから、下取りだと「せいぜい部品サービス」と言われた車に思わぬ高値がつくことも少なくありません。
ただ、そういった業者もたくさんあるので、賢いのは、その一括査定サービスを利用することです。
これならば、車種名や年式といった必要事項の入力も一回ですみ、それで最大10社からの査定価格を知ることができます。
結果がスピーディに分かるのも魅力。概算の最高額ならば入力して数秒後に知ることができます。
まずは、こちらからお試し下さい。▼

IT用語