エコカー買い換えガイド:トップ > エコカー補助金
エコカー補助金という制度が一世風靡しました。あれ、終わっちゃったの? いえいえまだ自治体によってはエコカー補助金を行っているところがあります。
エコカーを安く買う秘密は愛車の手放し方にあり!
▼新車の値引き交渉よりも愛車の高値売却が効果的!▼

エコカー補助金

いわゆる「エコカー補助金」(正式には

「環境対応車普及促進対策費補助金」)は、

当初設定してあった期限(昨年9月末)まで

3週間以上を残して打ち切りになりました。

「駆け込み」でクルマを購入する人々が増えて、

5837億円の予算枠を使い切ったからです。

9月初めまでは、1日当たり2万~3万台、

30億~40億円のペースだったのだが、

9月4~5日の週末に購入された分を含む6日の申請受理台数は

約9万6000台、補助金額は約116億円。

ここで「エコカー補助金、今週にも打ち切りか」を

伝えるニュースが飛び交い始めます。

すると翌7日には約6万6000台が「駆け込み」で購入・申請され、

予算枠の残りが約10億円となったのです。

さらに、8日にも約5万2000台分、約74億円が申請され、

ここで打ち切りとなったのです。


かくして自動車の購入補助金施策は終了し、

延長はされなかったので、予想通り、新車販売台数の

落ち込みは凄い事になっていました。

なりふり構わない自動車業界へのてこ入れですが、

結局自分達の首を自分達で締めてしまったようですね。

現在もエコカー減税はつづいておりますが、

どうも大人の事情ばかりが見えてきて、

嫌な感じです・・・


しかし、意外と知られていないようですが、

各自治体でも、エコカー購入者に対して

補助金を交付するところがあります。

特に、電気自動車の一般発売が相次いでおり、

EV・PHVタウンなどの電気自動車普及の動きもあるため、

エコカーの中でも電気自動車に対する補助が手厚くなっているようです。

その他、ハイブリッド車やクリーンディーゼル車、

プラグインハイブリッド車などが対象になる場合もあり、

個人向け・法人向けなど、対象者も自治体によって違うため、

補助制度を利用する際には注意する必要がありそうです。

国の敗戦処理といったところでしょうか。

ところで、エコカーをできるだけお得に手に入れたいならば、「値引き交渉」よりも確実な方法があります。
それは、今の愛車を下取りとして出すのではなく、買取専門業者に売却することです。
買取専門業者は、それが専門ですから、下取りだと「せいぜい部品サービス」と言われた車に思わぬ高値がつくことも少なくありません。
ただ、そういった業者もたくさんあるので、賢いのは、その一括査定サービスを利用することです。
これならば、車種名や年式といった必要事項の入力も一回ですみ、それで最大10社からの査定価格を知ることができます。
結果がスピーディに分かるのも魅力。概算の最高額ならば入力して数秒後に知ることができます。
まずは、こちらからお試し下さい。▼

IT用語